BRANDブランド

美しくもあり、快適な履き心地の既製靴

2016年に始動したOrientalは、ジャパンメイドのシューズブランドです。母体であるオリエンタルシューズでは、イタリアやフランスのメーカーと協業しながらグッドイヤー製法の靴を長年手がけてきました。
Orientalではそのグッドイヤー製法を用いながらも木型やマテリアル、フィッティングに対する考え方を改めて見直し、現代の日本人に合うようにアップデート。美しくもあり、快適な履き心地の革靴を作り続けています。

  • 4つのコレクション
    Orientalでは、「Dress」「Classic Casual」「Top Grade」「Women's」の4つのコレクションをご用意しております。 ビジネススタイルの「Dress」、オンオフ兼用の「Classic Casual」、フラッグシップの「Top Grade」、3つのメンズコレクションに加え、2020年秋から女性にクラシックシューズを楽しんでいただくための「Women's」コレクションを展開しております。
  • 快適な履き心地のために
    Orientalの靴には、いくつか特徴的なディティールがあります。 ライフスタイルの変化によって足が薄くなった日本人に合う木型設計をしていること。 フラッグシップのTop Gradeには、ハンドソーンウエルト製法を採用し、履き始めから屈曲性を高めていること。 最も特徴的なことは、つま先のライニングに奈良のタンナーで鞣されたディアスキンを使っていること。 ディアスキンは、優れた伸縮性と柔らかな足あたりで快適な履き心地を約束してくれます。
  • 美しさへの拘り
    ファッション的なアプローチを重視するため、美しさへの拘りを強く持っています。 例えば、デザインと木型の造形は、その片方だけが良くても美しい靴にはなりません。 互いにバランスよくマッチすることで美しい靴がうまれます。 しかし、個体差が前提となる革を人の手で立体的に成形していく革靴において、一朝一夕にできることはありません。 そのため、製品化した後も納得のいくまで修正を重ね、日々アップデートし続けております。

Product

TOP