JOURNALジャーナル

2021.10.13

製甲(縫製)

今回は、製甲(縫製)の工程についてご紹介したいと思います。

製甲とは、あらかじめ裁断、加工した革のパーツをミシンで縫い合わせ、
アッパーと呼ばれる靴の上部分を完成させる工程を差します。

製甲(縫製)

単にパーツをつなぎ合わせる作業と言えばそれに違いないのですが、
平面の革からラスト(木型)通りのきれいな立体に組み立てていくには、製甲師とよばれる職人による細かな工程を経て出来上がります。

製甲(縫製)

それでは、簡単に作業工程をご説明していきます。

〈漉き〉
まず裁断した革は、あらかじめ貼り込みしろや折り込みする部分の厚みを専用の機械を使ってミリ単位で削ります。
こうすることで、革と革を重ねた時に出来る厚みや段差を抑え表面がきれいにまとまるようにしています。

製甲(縫製)
製甲(縫製)

〈線引き〉
革の表面に型紙を当てながら、貼り合わせ位置などの目印になる線を引いていきます。

製甲(縫製)

淵はこのようにコンパスで引きます。

製甲(縫製)

〈甲革の装飾・穴あけ〉
デザインによりますが、甲の部分に穴飾りがあるものは、ポンチという工具を使って穴をあけていきます。

製甲(縫製)

<甲革の装飾・ステッチ>
こちらのデザインは、モカの部分を専用のミシンを使って飾りのステッチを施します。

製甲(縫製)

〈補強〉
特に力が掛かる部分には、裏側にナイロンテープの補強を貼ります。

天然の革は伸縮性があり、例えば靴紐を通すアイレットの裏側など、
紐で強く引っ張る箇所には、革の裏側を補強することで、
革が伸びたり広がったりするのを防ぐようにしています。

製甲(縫製)

〈アイレットの穴あけ〉
紐を通す穴を、穴飾り同様にポンチで穴をあけます。

製甲(縫製)

〈糊付け〉
刷毛や指先を使って糊を塗ります。

製甲(縫製)

〈貼り込み・仮止め〉
糊付けしたパーツを貼り合わせます。
この時、線引きした線に沿ってくせつけしならが貼っていきます。

製甲(縫製)
製甲(縫製)

少しでも位置がズレると、全体のバランスが大きく崩れてしまうので調整して貼っていきます。

製甲(縫製)

〈ミシン掛け〉
仮止めした革のパーツをミシンで縫っていきます。

製甲(縫製)

貼り合わせたパーツの端からミリ単位のところを慎重にミシン掛けします。

使用するミシンは、立体のものが縫いやすい構造になっているポストミシンと呼ばれるものを使用し、 仕様によって、糸の種類、針の大きさ、ピッチの荒さなどを使い分けます。

製甲(縫製)

〈マチキリ〉
ミシンで縫い合わせた後、仕様にもよりますが、裏革の余分な部分を、弊社ではマチキリと呼んでいる道具を使って切り落とします。

製甲(縫製)

これらの工程を経て、型紙通りに縫い合わされたアッパーは、ラストに吊り込む前から立体的な形になります。

製甲(縫製)

この様に製甲だけでも、様々な工程があるのがお分かりいただけましたでしょうか。

手作業で行なう為、1日に出来るのは数足ですが、
どの工程も、丈夫で美しい靴づくりには必要なものなので、
履いてくださるお客様のことを想いながら
1足1足丹念に仕上げています。

今回は、製甲についてご紹介させて頂きました。

次回は、ミシンについてお話ししたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

< 前の記事へ
TOP